馬油でシミは消える?馬油の効果的な使い方

馬油でシミは消える?馬油の効果的な使い方

シミに効果があると注目されている【馬油】。

馬油とはどういうものなのか?シミになぜ効くと言われているのか?

 

私は馬油を愛用し始めて10年経ちますので、馬油の効果的な使い方などを私の体験談と共に詳しく解説していきたいと思います。

1.馬油とは?

馬油とは?

馬油(バーユやマーユと読みますが一般的にはバーユと呼ばれています)とは、馬の腹部や皮下脂肪、たてがみを原料として作られた【馬の油】です。


純度100%のものであれば、食用として使用される天然油脂ですので、刺激もとても低く、敏感肌の方や妊婦さん、赤ちゃんなどが口に入れてしまっても安全ですので、小さい子供がいる方にも安心して使えます。


もとは中国でうまれ、5~6世紀頃の中国の医師の著書である『名医別録』には「馬の油は髪を生ず」と書かれていて、16世紀頃の薬物学書『本草綱目』には、「シミ・ソバカスの除去、肌荒れ治療、筋肉痙攣の緩和」と、馬油の効能についての書物が存在するそうです。


約400年前の奈良時代に中国から日本に伝わってきたと言われています。

昔から、火傷や切り傷、肌荒れ、ひびわれなどの民間療法約として使用されてきました。


2.馬油はなぜシミに効くの?馬油の特徴や効果とは?

馬油がなぜシミに効くのかは、一番は「お肌の新陳代謝を活性化させる」という効果にあるようです。


お肌はターンオーバーといって皮膚の再生周期があり、このターンオーバーにより肌に蓄積した老廃物を排出し新しい皮膚を作る為、皮膚を健康な状態を保つのですが、

馬油のとても高い浸透力による肌のバリア機能を高める効果や、血行促進効果により、肌の代謝を活性化してくれるので、ターンオーバーの働きを助けてくれるのです。


このようにターンオーバーの周期を整えることで皮膚が正常に生まれ変わり、シミが薄くなったり消えたりする効果があると言われています。


効果作用一覧

1.強力な浸透力 バリア機能の強化

2.抗酸化作用/殺菌作用

3.抗炎症作用

4.保温、血行促進            ※1~4が美肌効果になります

■強力な浸透力 バリア機能の強化

人間の皮脂と非常によく似た性質を持っていて、強力な浸透力があるので肌なじみが抜群です。皮膚の隙間に浸透し肌の潤いを保ちます。

さらに馬セラミドが肌のバリア機能の強化をし、肌を守ってくれます。

■抗炎症作用

お肌の炎症を抑えてくれるので、ニキビケアなど肌トラブルにもオススメ。

火傷や日焼けなどの炎症も抑え、熱と取る作用があるため、昔から民間療法として使用されてきました。

■抗酸化作用/殺菌作用

馬油は素早く広がり表面に油膜を張って外部と遮断し、皮膚に浸透することによって細胞内の空気を出し、細胞の老化の原因である酸化を防いでくれます。

そし表面に膜を張ってくれる作用が、外部からの細菌の侵入を防ぎ、中に入ってしまった細菌も囲い込んでしまいます。

■保湿・保温、血行促進作用

馬油による油膜と浸透により保湿と保温効果が高まり、血行促進作用もある為、肌の代謝があがりターンオーバーの周期を保つ効果があり、シワ・しみ予防、さらにクマの解消など美肌効果があるのです。

◇具体的なお悩み解消例

・シミ

・シワ

・ほうれい線

・目の下のクマ

・ニキビ

・臭い対策(頭皮、体臭など)

・毛髪の乾燥

・お肌の乾燥(全身、顔、唇など)

・日焼け やけど

・ひび あかぎれ

・しもやけ

・水虫

3.馬油の効果が出るまでの期間は?

シミが消えるなどの効果が出るまでには約2か月~半年くらいはかかるようです。


遅いと感じる方もいるかもしれませんが、より天然なものであるほど、即効性がありすぎても逆に不自然ですよね。


科学的に生まれたものであれば、即効性はあるももの色々なリスクもあるようです。

例でいうと、少し前に某化粧品メーカーの美白化粧品を使用した際に、白斑がでてしまったとニュースもありました。


このようなリスクを負わない為にも、お肌のターンオーバーに合わせ徐々に改善していく方法がより安心安全でしょう。


私は約2か月で顔や手にシミやシワなどに効果を感じられてきました。

日々のケアで使用している内にシミが消えているというお声を数多く聞きますので、ぜひ保湿しながらスキンケアを試してみて下さい。

4.馬油の使い方

私は顔にはもちろんボディ-ケアなど全身に使用していて、浸透力・保湿力・抗酸化作用が高い馬油は毎日のケアには欠かせません。

是非使い方の参考にしてみて下さい☆

◇ハンドクリーム・ボディケアとして

馬油はとても浸透力が高く肌なじみが良い為サラッとした使用感で使いやすいです。


そして保湿力も高いので身体や手など乾燥するところの使用には最適だと思います。


特に冬時期の、手のひどい乾燥に悩まされている方は、寝る前に手にたっぷりと塗り、白い綿手袋をして寝ると、朝起きる頃には完全にお肌に浸透しています。


手袋をすることによって寝具も汚さずに、しっかりと保湿してくれるので是非一度試してみて下さい。


私はこれを毎日繰り返すことにより、手の乾燥はかなり改善しました。

さらに手の甲にあった濃いめのシミが使用していくにつれ薄くなっていき、今では全くきにならないくらいに綺麗に消えたので、今では毎日欠かさず塗っています。


私は馬油の他には何も手に使用していないので、きっと馬油の効果なのだろうと思っています。


使い続けていくうちに、だんだんとシミが薄くなっていき、ふと気付くと綺麗に消えているという方は数多くいますので、保湿と共にシミの改善ができるのは一石二鳥ですね☆

◇スキンケア・リップのケアとして

馬油クレンジングの簡単3ステップ

〖化粧下地として使う場合〗

⑴液体であれば1~2滴くらい(固形であれば米粒くらい)をよくてに馴染ませてから顔全体に塗る。

⑵ファンデーションを塗る

まずは少量からつけて、足りない場合は自分にお肌に合わせて徐々に量を増やしていきます。

付け過ぎた場合はティッシュで軽く押さえてあげて余分な油分をとりましょう。

〖寝る前の保湿クリームや乳液として使う場合〗

化粧前ではないので、乾燥で悩んでいる方はたっぷり塗ってあげてください。

もし枕などについてしまうのがイヤな場合はタオルを敷くなどしましょう。


朝起きた時には、しっとりとしたお肌になっていますよ☆


馬油パック

乾燥肌の私が週に1~2回程、半身浴をしている際にやっている馬油パック方法です。

お風呂などの温度が高くなる所では、馬油の効果も高くなりお肌の血行も良くなっているので、より効果的になりますので特にお肌に疲れや乾燥を感じた時には是非試してみて欲しいケア方法です。

手順説明
  • 洗顔後に、馬油をたっぷり顔全体につけます
  • 顔全体を優しくマッサージしながら馴染ませます
  • 10分~15分ほど放置
  • ぬるま湯で流す

5.馬油に使用上の注意点

■脂性肌の方の使用は要注意です

シミに効果があり、とても浸透力と保湿力の高い馬油だからこそ、乾燥肌の方にはとても優れていますが、脂性肌の方にはお肌のトラブルの原因にもなってしまう可能性があります。


使用量には気を付けて、少量から徐々に増やしてくなどの工夫は必要です。

 

もしくは、シミなどの気になる部分にのみに使用するというのも良いと思います☆

 

■使っていたらシミが濃くなった?という声も・・・なぜ?

せっかく馬油の効果を期待して使用しているのに、シミが濃くなってしまったという声も聞いたりしますが、これは馬油自体に原因があるわけではなく、さらにシミが濃くなったのではないのです。


馬油には血行促進作用があり、お肌の代謝をアップしてくれて老廃物を排出し健康なお肌になるので、お肌全体を明るくトーンアップしてくれます。


お肌全体が明るくなった為に、今までのシミが濃くなったように錯覚してしまうのが原因になるみたいですね。


これは馬油の効果でお肌が変化してきたサインでもあるので、ぜひこのまま諦めずに使用し続けて美肌を手にいれてください☆


6.馬油の選び方

本来とても効果の高い馬油ですが、質が悪く効果がいまいちな馬油も数多く存在しています。

馬油の効果を最大限生かすのであれば、馬油100%の純度の高いものを選びましょう。


純度の低い馬油は、不純物が多い他、防腐剤・酸化防止剤などの添加物が多く含まれていることが多々あります。


さらに、最近では海外から安価で輸入した馬脂を使用している馬油も多いです。

これはどのような飼育環境で育ったかがわからない事や、馬脂の採取の仕方や輸出までの保存法方などもわかりません。この場合、鮮度が悪かったり、すでに酸化してしまっている可能性もあるのです。


全ての海外産の馬脂の質が悪いというわけではありませんが、国産の馬油の方が安心でしょう。


もしできれば、産地や抽出方法などを明確に表記してあるメーカーの方が、より良いと思います。


7.シミを消すのに、より効果的な馬プラセンタ

最近シミが増えてきた私は、シミを消すの為にもっと効果的なものはないかと様々なものを探して使った結果、【馬プラセンタ】が一番の効果を発揮してくれました☆


ここ最近アンチエイジングとしてかなり注目を集めている【馬プラセンタ】には、美肌になるうえでの必要不可欠な成分がかなり豊富に含まれているのです。


もし美肌を求める方やアンチエイジングに興味のある方はぜひ一度は試しても良いと思います。


もしよろしければこちらの記事も参考にしてみて下さい☆ ☟

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA