馬油の効果は?驚きの効能!【美肌になる為に】

馬油でシミは消えるの?【馬油の効果的な使い方】

現在スキンケアオイルとして人気を集め注目されている「馬油」には、美肌になる為の効能が秘められているって知っていましたか?

はるか昔から民間薬として使われてきた馬油は、様々な効能があるようです。

長い間、お肌に悩まされてきた私が10年以上使用し続けてきて思う事や、知識を紹介していきたいと思います。

美肌を手に入れる為にぜひ参考にしてみてください。

1.馬油とは?

馬油の歴史

馬油(バーユやマーユと読みますが一般的にはバーユと呼ばれています)とは、馬の腹部や皮下脂肪、たてがみを原料として作られた【馬の油】です。

純度100%のものであれば、食用として使用される天然油脂ですので、刺激もとても低く、敏感肌の方や妊婦さん、赤ちゃんなどが口に入れてしまっても安全ですので、小さい子供がいる方にも安心して使えます。

 

もとは中国でうまれ、5~6世紀頃の中国の医師の著書である『名医別録』には「馬の油は髪を生ず」と書かれていて、16世紀頃の薬物学書『本草綱目』には、「シミ・ソバカスの除去、肌荒れ治療、筋肉痙攣の緩和」と、馬油の効能についての書物が存在するそうです。

約400年前の奈良時代に中国から日本に伝わってきたと言われています。

昔から、火傷や切り傷、肌荒れ、ひびわれなどの民間療法約として使用されてきました。

馬油の特徴

馬油の最大の特徴は、人間の皮脂と非常によく似た性質を持っていて、強力な浸透力があるので肌なじみが抜群なところです。

 

馬油自体は油なのにも関わらず、サラっとしてベタつかず使用感がとても良いです。

馬油の肌なじみがいい理由として、馬の体温が37℃と人の体温に近い為なのです。

 

馬油にはオレイン酸・パルミトレイン酸・パルミチン酸・リノレン酸、リノール酸などの、不飽和脂肪酸・高度不飽和脂肪酸が多く含まれていて、人間の脂肪に非常に近いからこそ、浸透性にとても優れ、肌のとの親和性が高いと言われています。

 

そして人と相性抜群の馬セラミドが豊富に含まれているため、肌や髪に潤いやハリを与え、外部の刺激から肌を守る役割して、保湿もしてくれます。

※セラミド・・・水分保湿機能・肌のバリア機能

 

さらに馬油には数多くの効果効能があるのでこれから解説していきたいと思います☆

2.馬油効果とは?

まずは簡単に効果一覧をご覧ください☆

効果一覧


1.強力な浸透力 バリア機能の強化

2.抗酸化作用/殺菌作用

3.抗炎症作用

4.保温、血行促進            ※1~4がt美肌効果になります


・妊娠線の予防、妊娠中にスキンケアにも効果的です。

■強力な浸透力 バリア機能の強化

人間の皮脂と非常によく似た性質を持っていて、強力な浸透力があるので肌なじみが抜群です。皮膚の隙間に浸透し肌の潤いを保ちます。

さらに馬セラミドが肌のバリア機能の強化をし、肌を守ってくれます。

■抗炎症作用

お肌の炎症を抑えてくれるので、ニキビケアなど肌トラブルにもオススメ。

火傷や日焼けなどの炎症も抑え、熱と取る作用があるため、昔から民間療法として使用されてきました。 

■抗酸化作用/殺菌作用

馬油は素早く広がり表面に油膜を張って外部と遮断し、皮膚に浸透することによって細胞内の空気を出し、細胞の老化の原因である酸化を防いでくれます。

そし表面に膜を張ってくれる作用が、外部からの細菌の侵入を防ぎ、中に入ってしまった細菌も囲い込んでしまいます。

■保湿・保温、血行促進作用

馬油による油膜と浸透により保湿と保温効果が高まり、血行促進作用もある為、肌の代謝があがりターンオーバーの周期を保つ効果があり、シワ・しみ予防、さらにクマの解消など美肌効果があるのです。

具体的なお悩み解消例

・シミ

・シワ

・ほうれい線

・目の下のクマ

・ニキビ

・臭い対策(頭皮、体臭など)

・毛髪の乾燥

・お肌の乾燥(全身、顔、唇など)

・日焼け やけど

・ひび あかぎれ

・しもやけ

・水虫

3.馬油の使い方

■スキンケア・化粧下地

洗顔後の化粧水をつける前や、化粧下地としてメイク前に薄くつけると保湿され、しっとり仕上がります。

※脂性肌の人は使用量は気をつけてください。

少量ずつから試して、自分にあった量を見つけましょう!

■目元・唇ケア・まつ毛ケアとして

保湿力が高く肌なじみの良いので、乾燥しやすい目元や唇のケアに効果的です。

まつ毛の生え際に塗ることによって、抜けにくく健康な状態を保ってくれる効果もあります。

唇ケアには、たっぷり塗ってからラップをして、10~15分くらい置くと唇が潤うので是非試してみてください☆

■ボディケアとして

サラッと肌なじみの良い馬油は、身体の全体のどこにでも使えます。乾燥が気になる部分に使用してください。

冬場のハンドケアには、寝る前にたっぷり塗って綿手袋をして寝ると朝起きた時には完全に浸透しているので手がしっとりして荒れにくくなります☆

■ヘアパック・ヘッドマッサージ

浸透力と保湿力が高いので、ヘアケアに効果的です。シャンプー後に髪全体につけなじませてから流しましょう。乾燥毛や広がりやすい髪により効果的です!

 

そしてヘッドマッサージでは抗酸化作用もあるので、フケ・痒みの改善や予防になりますし、ニオイ対策にもなるんです!

 

ヘッドマッサージ後にベタつきやすい人は、軽くシャンプーをして余分な油分を落とすと良いです☆

■革製品のメンテナンス

浸透力が高く、サラッとした使用感なので、ベタつく事もなく革製品のメンテナンスにもとても良いです。

■妊娠線の予防、妊娠中や産後のケア

質高い馬油100%は臭いもなく、妊娠中にも安心して使えます。お腹が大きくなり始めたらこまめに塗ることにより妊娠線を予防できます。

さらに授乳が始まり乳首にトラブルが起きた時にも、天然成分なので赤ちゃんにも安全で安心して使用できます。

■加齢臭予防

30代以降になると加齢臭はだんだんと出始めるのです。

これは男性だけに限らず女性も加齢臭出てきます。

 

加齢臭が発生してくる原因とは、皮脂の酸化なのです。

 

ここで馬油の「抗酸化作用」と「殺菌効果」が効果を発揮してくれます。

使い方はとても簡単で、お風呂上りに全身に馬油を塗るだけで、皮膚に油膜をはり保湿してくれることで乾燥を防ぐと共に、皮脂の酸化と細菌の増殖を防いでくれるのです。

 

ニオイ対策ははとっても大切ですよね☆

香水などでごまかすのではなく、根本的なケアもとっても大事!

4.馬油の選び方

■馬油の選び方

本来とても効果の高い馬油ですが、質が悪く効果がいまいちな馬油も数多く存在しているのが現状です・・・

馬油の効果を最大限生かすのであれば、馬油100%の純度の高いものを選んだ方が絶対に良いです☆

 

純度の低い馬油は、不純物が多い他、防腐剤・酸化防止剤などの添加物が多く含まれていることが多々あります。

さらに、最近では海外から安価で輸入した馬脂を使用している馬油も多いんです・・・

 

これはどのような飼育環境で育ったかがわからない事や、馬脂の採取の仕方や輸出までの保存法方などもわかりません。

この場合、鮮度が悪かったり、すでに酸化してしまっている可能性もあるのです。

 

全ての海外産の馬脂の質が悪いというわけではありませんが、国産の馬油の方が安心でしょう☆

もしできれば、産地や抽出方法などを明確に表記してあるメーカーの方が、より良いと思います!

■馬油の使用時の注意点・保存方法

【使用時の注意点】

・馬油は保湿効果が高いとはいえ、油分なで脂性肌の方は使用量には気をつけましょう。冬などの乾燥した季節にはオススメです。

 

・始めのうちは少量ずつから使用し、お肌の状態を見ながら自分にあった使用量を見つけてみて下さい。

 

・開封してから1年以上経ったものなど、酸化が進んでしまっているものは逆効果になってしまうので使用しないようにしましょう。

 

・半年以内を目安に使いきりましょう。

【保存方法】

・酸化を早めない為に、20度以下の冷暗所で保存をしましょう。

5.馬油以外にも注目!馬の栄養成分の豊富さ・アンチエイジング効果が高い!

馬油をずっと愛用していた私ですが、ここ最近テレビやネットなどで注目を集めている【プラセンタ化粧品】も使用しています。

 

皆さんも聞いた事のある方は多いと思いますが、アンチエイジングにとても優れているもので、老化の気になる肌にはとっても重要な化粧品なのです☆

 

中でも【馬プラセンタ】がとても効果的で、今では私のスキンケアラインにはなくてはならないものになりました☆

 

いつまでも若々しくいる為に、是非参考にしていただけたらと思います。

馬油以外にも注目【馬プラセンタエキス】

プラセンタエキスとは、「胎盤」から抽出されるエキスで、約2000年も前から美容に使用されてきたという歴史があり、クレオパトラやマリーアントワネット、中国の皇帝たちも若さを保つ為に使用してきたと言われています。

 

このように馬油も美肌効果は高いですが、現在さらに注目を集めている【馬プラセンタエキス】は、かなりアンチエイジングに優れています。

 

現在プラセンタエキスは「豚由来」が主に販売されていますが、豚プラセンタエキスに比べ馬プラセンタは6種類も多くのアミノ酸が含まれていて、アミノ酸含有量に関しては数百倍も含まれているのです。

さらにアミノ酸の他、三大栄養素である【タンパク質・脂質・糖質】を含み、【ビタミン・ミネラル・核酸・酵素】など生理活性物質とよばれる美肌栄養素をたくさん含んでいるのです。

 

 

 

馬プラセンタエキスには馬油と同様に、もちろん抗酸化作用や抗炎症作用、保湿などの効果もありますが、最大の特徴は【成長因子(グロースファクター】というものが含まれ、細胞分裂を活性化しターンオーバーを正常化します。

しみ・シワ・くすみ・たるみの改善など美肌には欠かせない成分なのです!

馬プラセンタエキスの効果

【主な効果】


・血行促進・ターンオーバーを促進し肌環境を整えて、キメ細かいイキイキとしたお肌に

・抗炎症作用があるため、活性酸素を除去し老化防止。日焼けなどの炎症も抑えてくれます

・シミ、くすみの改善

・美白効果

・高い保湿力。水分補給と維持

このように効果だけを見ると馬油も似ている所がありますが、用途が少し変わってきます☆

■馬油と馬プラセンタエキスの用途

・馬油

油膜と浸透により保湿と保温効果が高い為、乾燥で悩む方や保湿を求める方にはオススメです。

・馬プラセンタエキス

細胞分裂の活性化をしてくれて肌の再生を助ける為、アンチエイジング効果など美容効果を求める方に馬プラセンタエキスはとても効果的です。

まとめ

馬油は、脂性肌の方には不向きかもしれませんが、

シミしわ改善・保湿効果など様々な効果を持ち優れたものです。

とても使用感も良く、乾燥に悩む方や美肌になりたい方には、ぜひオススメです。

 

実際に私も馬油や馬プラセンタを使用してから肌のトーンが明るくなり、シミが消えたり、ほうれい線が薄くなってきているので正直驚いています☆

 

現在TVや雑誌など様々ところで注目を集めている馬プラセンタエキスなど、馬にはアンチエイジング効果など美肌になるうえでの必要不可欠な素晴らしい成分が多く含まれていますので、美肌を求める方やアンチエイジングに興味のある方はぜひ一度は試しても欲しいです☆

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA