「プラセンタ」で紫外線による皮膚ダメージが回復? 「光老化」対策で老化を防ごう!

「プラセンタ」で紫外線による皮膚ダメージが回復? 「光老化」対策で老化を防ごう!

肌の「光老化」という言葉聞いたことありませんか?
「光老化」啓発プロジェクト委員会というものもあるくらい、話題になっている「光老化」ですが、プラセンタがこの光老化にも効果的だという研究もされているんです。
今回は、「光老化」と、その予防法、プラセンタの効果に関して調べたので、紹介したいと思います。

1.そもそも「光老化」とは?

年齢とともに老化する肌ですが、原因の80%近くが「光老化」が原因とされています。
これは子供のころから紫外線を浴び続けることにより、ダメージが蓄積されてしまい、肌にシミやしわ、たるみといった老化現象につながってしまいます。
これは加齢によって起こる老化とは質が違うもので、歳をとっても紫外線にあたらない、太ももの内側は肌が柔らかかったり、シミが無いことからも明らかです。

2.原因は紫外線!その種類と性質!

2.原因は紫外線!その種類と性質!

普段浴びている太陽光線には、紫外線(UV)、可視光線、赤外線が含まれますが、光老化に最も大きな影響を与えるのは紫外線だといわれています。
紫外線には2種類あって、波長が長いものをUVA、波長が短いものをUVBと呼びます。

紫外線A波(UVA)は肌の奥まで届き「シワやたるみ」の原因に!

紫外線A波(UVA)は、紫外線B波(UVB)に比べてエネルギーが弱いため、最近までは肌への影響が大きいとは考えられていませんでした。
しかし、最近では「UVA」は「UVB」のように日焼けを起こすことはないものの、長い年月をかけて肌を奥から老化させ、シワやたるみの原因になることが分かってきました。

紫外線B波(UVB)は日焼けして「シミ」の原因に!

太陽を浴びた時に肌が赤くなる日焼けの主な原因は紫外線B波(UVB)です。
紫外線B波(UVB)は肌の表皮にあるメラノサイトを活性化させて多量のメラニン色素をつくります。
メラニンが蓄積することで、シミの原因になります。

3.「シミ」発生のしくみは?

表皮では紫外線B波(UVB)を浴びることで、色素細胞(メラノサイト)がメラニンを大量に発生させ、肌を守ろうとします。
通常は、溜まったメラニンはターンオーバーにより肌の外に排出されるのですが、過剰に日焼けしたり、継続的に日焼けすることで、メラニンが表皮細胞内にたまって姉妹「シミ」の原因になってしまいます。

4.「しわ、たるみ」発生のしくみは?

私たちの肌のハリは真皮に満たされているコラーゲンと、エラスチンなどの真皮成分によって保たれています。
紫外線A波(UVA)を浴びると、真皮を構成するコラーゲンなどの真皮成分がつくられる量が減少し、さらに、真皮成分を壊す酵素が発生しコラーゲン線維が壊れエラスチンが変形してしまいます。 そのため、お肌は弾力をうしなってたるみ、ひだができてシワができてしまいます。
ところが、最近になって根本原因は、コラーゲンなどの真皮成分を作る「線維芽細胞」と呼ばれる部分が紫外線により委縮してしまうことだと分かってきました。
※紫外線により活性酸素(ROS)が発生し、DNAの損傷を誘発してしまうようです!

5.「光老化」を防ぐためには?

「光老化」を予防する方法としては以下2つが有効とされています。

①無駄な日焼けを防ぐ(日焼け止めを塗る)
②活性酸素を素早く消去する

6.日焼け止めを塗って「光老化」を予防!

最も簡単かつ、重要な「光老化」予防は日焼けをしないことです。
日常的に日焼け止めを使うようにしてくださいね!

「日焼け止め」選びの基本:「SPF」と「PA」

日焼け止めでよく見かける、「SPF」や「PA」という表示は紫外線防止効果を示す指標です!
数値が高い日焼け止めを選べばよいと考えてしまいがちですが、効果の高い日焼け止めは肌への負担も大きいので、シーンに合わせて使い分けた方が良いです。

SPF…シミやソバカスの原因となる紫外線B波(UVB)を防止する効果を示した数値です。
数値が大きいほど、効果が高くなります。

PA…シワやたるみの原因となる紫外線A波(UVA)を防止する効果を示しています。
+(プラス)が多いほど、効果が高くなります。

「日焼け止め」選びの基本:シーンに合わせて「PA」と「SPF」を選ぶのがポイント

  SPF10 SPF10~30 SPF30~50+
PA+ PA++ PA+++
主な生活シーン 日常生活
(散歩や買い物など)
屋外でのレジャー 炎天下でのレジャー
(海水浴やキャンプ)
ポイント ちょっとした外出でも対策しましょう!UV効果がある下地やファンデでも効果あり 日焼け止めはこまめに塗りなおすのがポイント!2時間おきにこまめに塗り直し、紫外線防御効果をしっかり持続させましょう。 炎天下ではSPF50+・PA++++の国内最高値のUVカット効果を持った日焼け止めがオススメです!汗や水に強いものを選び、こまめに塗り直しましょう!

 

7.「プラセンタエキス」で「光老化」ダメージが軽減?

最近の研究で「プラセンタエキス」には抗酸化効果と、美白効果があり、紫外線による皮膚ダメージを回復させる効果があることが分かってきたようです。

【参考:論文】
2015年6月の「フレグランスジャーナル」で発表された「紫外線による皮膚ダメージを回復させるプラセンタエキスの新知見:ヒト皮膚3次元培養細胞を用いた抗酸化効果と美白効果」という論文を見つけたので、読んでみました。
この研究では、「プラセンタエキス」を皮膚に塗ることで、紫外線により誘発されるROSによる皮膚の「抗酸化効果」、さらに皮膚のメラノサイトの活性化にともなうメラニンの算出を抑える「美白効果」を実験に基づき解析しています。

8.プラセンタの効果まとめ!

プラセンタには美肌を保つために必要な効果がたくさんある事が分かっていますが、「光老化」への効果も研究されているなんて驚きですね!

プラセンタの効果

 

・血行促進・ターンオーバーを促進し肌環境を整えて、キメ細かいイキイキとしたお肌に
・抗炎症作用があるため、活性酸素を除去し老化防止。日焼けなどの炎症も抑えてくれます
・シミ、くすみの改善
・美白効果
・高い保湿力。水分補給と維持

9.まとめ

肌老化の80%を占めるといわれている「光老化」!
もっとも大きな原因は紫外線なので、日焼け止めなどで絶対に予防しましょう!
また、プラセンタも「光老化」による皮膚ダメージを回復させてくれる効果があります。
オススメは効果が高くてニオイも少ない「馬プラセンタ」の原液タイプの美容液です!
皆様もぜひ一度試していただけたらと思います。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA